大腸内視鏡検査前の下剤で
途中で苦しくて吐いてしまいました…。
どうすれば??
 どこの病院で検査を受けても、種類はいくつかありますが、「リットル」単位の下剤を飲まないといけません。ですが、その準備段階で吐いてしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

 途中で吐いてしまったら、ちゃんとした検査が受けられないでのはないのでは?と思うのは当然です。しかし、我々からすれば、そのような状況になった場合に、患者様からそのような趣旨の報告を電話で受けて、看護師から知らされる事は普通にあります。つまり、規定の量を飲めずに「ギブアップ」してしまう患者様は珍しくありません。

 無理もありません。それも当然です。あんな大量の下剤を日常で飲んだ事もないのに、普通に全員が飲めるとは思っておりません。ちなみに、私自身も、残り1/4位で、いまにも戻してしまいそうな吐き気と奮闘して、下剤と「にらめっこ」しながら、どうにか飲んだという経験があります。

 素人である患者様は、それなりにいろいろ考えて、「今日は十分に大腸が洗浄できていないだろうから、日を改めて、また飲んだ方がいいのでしょうか?」と電話口でお話する方もいらっしゃいます。

 もしそこで、「そうですね、また下剤出しますので、今回の検査は延期して、次回は頑張って飲んで頂いて、ちゃんとキレイになった状態で検査をしましょう」と言われると思うかもしれませんが、実はそれは正しくない判断です。そのような状況に遭遇した場合、「出てなくても(洗浄しきれてなくても)いいですから、とりあえず来院して下さい。」と指示しています。

 「キレイになっていない(便がのこっている)事が分かっていながら、診てもらうのは、先生に失礼なんじゃないか?」と気を使ってくれる患者様もいらっしゃいますが、そうではありません。

 出ないのには、それなりの理由があるから出ないのです。消化管(胃腸)とは、一本の管なので、通常は食物が流れていき、やがて「便」として排出されるのですが、その道中に、悪性腫瘍(がん)などが発生すると、最初は小さいので通過障害の症状は出ませんが、次第に大きくなると、その部位は徐々に流れにくくなり、その上(口側)には、内容物が停滞するようになります。つまり、砂時計で言えば、真ん中の狭くなっている部位で、上には砂が溜まっている状況です。

 川に例えるなら、普段は何事もなく上流から下流へと普通に水が流れています。通常の食事を摂っていて、普通に便通がある状態です。時に大雨が降っても、水かさが増すだけで済みます。時に大食いして、沢山飲んでも、一時的に排泄量が増えるだけで、何事もなく済みます。

 ところが、最近の天気予報で聞く、「50年に一度」とか「かつて経験した事のない」という言葉で表現されるような激しい台風・豪雨などでは、堤防が決壊し、町が氾濫し、大きな被害が発生することがあります。これを例えるなら、腸を洗浄する下剤です。

 もちろん病気が無い場合や、病気(がんも含)があっても、狭窄の程度が軽ければ、飲んだ下剤を全て流すことができ、頻繁な便意に繋がりますが、がんが大きくて狭窄も強度になれば、その部位は許容量を超え、手前にモノが停滞し、「腹痛・嘔吐」という症状を出すのです。

 実際には、吐いてしまったからといって、それまで飲んだ下剤を「10」とすれば、吐く事で全ての「10」を吐いている訳ではありません。最初に飲んだ下剤の一部は、ちゃんと下に流れています。その先に高度の狭窄があれば、内容物の交通渋滞が生じて吐くのです。

 ですから、狭窄部位よりも下流(肛門側)は、当然、満足に洗浄しきれていないのですが、流れた一部の下剤によって、「下痢便」の状態になっているので、条件は悪いにせよ、まったく観察できないという状況ではありません。そのような状況でも検査する必要があるのかというと、狭窄の原因をハッキリさせないといけませんので、もちろん「覗く必要性はあり」という事になります。

 満足に洗浄できていなくても、当然こちらとしては周知の上で検査をします。覗いてみたら、腸の殆どを占拠する腫瘍(大腸がん)に遭遇する事は多くはないのですが、正直珍しくありません。ですので、満足な排便が無くても、決して来院を躊躇せず、洗浄が不完全でも、途中まででもいいので、遅れてもいいので来院することを勧めております。

 ちなみに、がんによる狭窄がある以上、日を改めたところで、次回はキレイに出る事などあり得ません。むしろ、延期する事によって、無意味に大腸がんの成長する時間を与えてしまうだけの話です。

 ですから、吐いてもいいのです。出なくてもいいのです。もし、大腸内視鏡検査が初めてであれは、より検査を受ける意味があるのです。しかし、吐いてしまったからといって、高率に大腸がんがあるという訳ではありませんが、我々医療人は常に「最悪のケース」を考えて日常の診療を行っているので、このような話をするのです。

 実際、満足に洗浄ができなかった場合でも、検査の結果の多くは、異常が無い事が殆どなのです。もちろん、悪条件の中の検査なので、小さな病変の有無までは確認できないので、検査結果の報告書には「残渣多量、残便多量」、「詳細不明。粗大病変なし。」としか書きようがありませんが、とりあえずは、緊急に処置・治療を必要とするものがあるのか、無いのかを確かめておく必要があります。


 では、がんなど悪性の病気が無くても、吐いてしまう理由には、どのようなものが考えられるのでしょうか?

 普段から便秘症、体質的に腸が長い、腹部手術による癒着、胃の手術をした事による胃袋の容量の低下、加齢により腸の運動が鈍化、「憩室症」といって、腸の一部にポケットのようなくぼみが沢山でき、腸の直径自体が細くなる、等によって通過の許容量が制限される事で吐いてしまう事等が考えられます。

 あるいは、とある食わず嫌いの番組で、大体は、嫌いでも飲み込んで美味しいふりをしていますが、時にどうしても嫌いなモノを口に入れてしまえば、たとえその量が少なくても、番組の趣旨に反してでも、涙目になって、吐いたりしてしまう事もあります。このようなケースの原因は、個人的に「あの下剤の味が苦手」という事になります。ですから、吐く原因は、物理的な狭窄だけではなく、味に対する好みの問題でもありますし、心理的な要因もあります。

 このような場合には、次回の検査の時には、下剤の種類を換える事が最も良い方法です。もし、一種類しか下剤を用意していない医療機関でれば、変更の余地がありませんので、インターネットどなどの情報を参考にして、検査を受ける医療機関を換えればいいのです。当院では4種類の下剤を用意しております。各下剤も一長一短がありますので、こちらを参考にして下さい。

 また、検査の結果、がんによる物理的な通過障害が無いと診断され、さらに、今回飲んだ下剤の味に関しては大丈夫であった場合は、検査前の食事の量を減らして検査に挑めばよいと思います。その具体的な方法に関してはこちらを参考にして下さい。

 とにかく、その症状(吐く事)が、「がん」によって生じているのか、そうではないのか?それが全てです。それを白黒ハッキリさせるためには、満足な洗浄が出来ていなくても、とにかく、覗いてみる事が最も大切なのです。

 当院では、夜中でも、未明でも、早朝でも24時間体制で電話対応できる状況を整えていますので、下剤を飲み始めてから予期せぬ症状や兆候などがありましたら、遠慮なく状況を報告して下さい。

 
下剤を飲んでも2、3回しか排便が無く、
検査したら、がんによる狭窄が強く、
内視鏡が通過できない状態だったら…?

 図の解説:中心部に赤く存在するのが「がん」で、腸が狭窄しています。狭窄部位の右上は口側で、左下が肛門側になります。

 飲んだ下剤(水色)によって、口側から多量の便と下剤が流れてきていますが、狭窄部位の手前で「交通渋滞」が発生しています。こうなると、大腸内視鏡用の下剤を飲んだ後は、通常10回前後みられる排便が、2〜3回程度しかみられません。

 そして、肛門側から内視鏡がやってきました。ここよりは先に進む事のでいない、大きな大腸がんに遭遇してビックリしています。赤い点は、腫瘍から出た血液を意味しています。

腫瘍の口側には存在しませんが、肛門側には血液が見られます。これが肛門から出血する「下血・血便」という、大腸がんの代表的な自覚症状となっている理由です。
原則、即入院です。

 いわゆる「腸閉塞」という状態です。字のごとく、腸が閉塞(塞がっている、塞がりかけている)状態です。ここでは、がんによって閉塞しているという前提でお話を進めていきますが、腸閉塞とはあくまでも、状態を表している言葉なので、腸の内容物が流れない、あるいは流れにくい状態になっていれば、原因はがんではなくても「腸閉塞」という事になります。

 腸が閉塞して、内容物が流れないという事は、食事が摂れないことを意味します。つまり、体に栄養分を補給することができません。普通に考えて、自宅での生活は不可能で、点滴による栄養補給が必須です。当然「入院」という措置をとる事になります。「仕事が…」などとは言っていられません。ここでは、「体あっての仕事」と解釈して下さい。

 内視鏡検査のために下剤を飲む事が出来たという事は、それまで普通に食事をして、排便ができていた訳で、完全に閉塞しているという状態ではなかったはずです。そこで、内視鏡準備のための大量の下剤が、暴雨から激流のように流れてきたから、全てが通過できずに症状がでるという事は上で述べてきました。

 口から食物を摂取しないで、点滴だけで過ごせば、多くの場合は、その後数時間から時に1〜2日後に、ゆっくりと排便がみられて、お腹の張りが楽になる事が多いのですが、流れが悪ければ、その後しばらくの間は、腹満感、吐き気、嘔吐が持続する事もあります。

 上から出ても(嘔吐)、下から出ても(下痢)、どちらでもいいのですが、それらによって腹痛が軽減しても、普通の食事は始まりません。まずは、手術によって、病気の場所を切除することが最も優先すべき事です。ちなみに、腸閉塞の症状が出るにまで成長したがんというのは、内科的な治療(いわゆる内視鏡での治療)で治せるよ域は十分に超えており、外科医による開腹、あるいは腹腔鏡による手術が必要な状態です。

 あまり知らないと思いますが、実は、大腸の手術の前にも、大腸内視鏡検査と同じ多量の下剤を飲んで、大腸の中を「空」にしないといけないのです。考えてみれば当然ですよね。腸内に便が残っている状態で手術したら、腹膜炎のリスクは高まりますし、腸を繋いだ部位も、間もない時期に漏れてしまう「縫合不全」の率も高くなるからです。

 数日後には手術をしないといけない状態なのに、あの下剤を飲ませれば、腹痛が生じると分かっているのに、わざわざ食事を開始して、手術直前にまたあの下剤を飲ませるなどという事は、普通に考えて行いません。

 食事は、無事に手術が終了して、つなぎ合わせた腸の漏れもなく、安定して内容物を送れる事が確認できてから、ゆっくりと始まります。最初は「流動食」から始まりますが、数日の間、口から摂取してなかった状態なので、正直、口からモノを入れるというのは、すごく楽しみでもあったけど、また腹痛が起こらないか、ドキドキしながら、術後最初の食事をした、という経験談はよく耳にします。

 食事も常食が普通に食べられるようになれば、おおむね退院が見えてきます。切除したがんの病理検査で、リンパ節への転移の有無や、術前の検査で他臓器などへの転移の有無などにより、その後の追加の治療や、抗がん剤治療という話になるのですが、その先の治療は、話が多岐にわたるので、ここでは割愛します。

 さて、無事に退院して、追加治療が必要ないと判断された患者様にも、とりあえず、後に転移が出てこないか、5年間は、定期的にCTなどを受けて、転移の出現を早期に見つける必要がありますが、実はもう一つ、退院後、なるべく半年以内に、やっておかないといけない事があります。何かわかりますか?

 それは、大腸内視鏡検査です。

 「え!?術前にやったばっかりじゃん!」と思うかもしれませんが、実は、術前の内視鏡検査は、がんの狭窄が強かったため、内視鏡が通過しておらず、病気のあった部位までしか観察していないのです。

 もう一度手術をするなんて事は、絶対に考えたくない!と思うのも当然ですから、観察できていない大腸が切除した部位よりも奥に残っているのなら、退院後早いうちに盲腸まで観察して、内視鏡治療が必要なものがあれば治療しておく必要があるのです。

 つまり、奥まで全ての大腸を内視鏡で見る事ができて、病気が無ければ、ようやく「大腸に病気はない!」と言ってあげられます。

 このような経験をする患者様は決して珍しくありません。普通に考えて、症状が出てから治療が完了するまで、非常に辛い経験を強いられます。誰だって、こんな経験はしたくないものです。では、このような経験を回避するにはどすればいいのでしょうか?

 答えは簡単です。40歳以上の方なら、便潜血検査の結果に関係なく、何の症状が無くても、2年に一度、定期的に大腸内視鏡検査を受ける、20〜30歳の方であれば、便潜血検査が陽性になったり、何か気になる事があったら、躊躇せずに大腸内視鏡検査をすぐ受ける、それだけです。

 腸の内腔を埋め尽くすような大腸がんの成長には「年」という単位の時間がかかっていますので、その成長の途中で、小さいうちに見つけて、治療をしてしまえば、上に述べたような経験をすることは、ほぼ皆無になります。

(なぜ40歳以上だと、便潜血検査の結果に関係ないのかは、コチラで詳しくお話しています。)

 どんな病気であれ、とにかく、早いうちに発見しておく事がどれだけ大切なのかは、苦しい治療を経験した人ほど理解しています。現代は、インターネットなどで沢山の情報があふれています。「そうか」と思ったら、評判の良い大腸内視鏡検査を行っている医療機関を検索して、検査を受けることを強くお勧めします。

大腸内視鏡検査 INDEXへ