「転移ってなに?どこに行くの?」

 がんが成長すると、「転移」をします。転移とは、発生した以外の場所にがん細胞が移動することです。では、どこに行くのでしょうか?
 がん細胞はそれ自体に手足が生えて、やたらめったらデタラメに移動するわけではありません。腫瘍から遠ざかる「流れ」に流されていきます。どんな流れがあるのでしょうか?

 一つは「血液」です。血液は、心臓から送り出された動脈によって腫瘍に酸素を供給しています。次に静脈になり腫瘍から離れていきます。静脈の行き先は消化管の場合、そのほとんどは、「門脈」という血管を通り、肝臓に流れ着きます。肝臓内で毛細血管になり、がん細胞がひっかかる、あるいは、接着因子という物質により血管内に留まったりするのです。

 ここでがん細胞が増殖し、肝臓に大腸由来のがんができることになります。これを「転移性肝がん」といいます。ですから、「血液による転移は肝臓に行きやすい」ということになります。希に、肛門に極めて近い直腸がんや、肛門に発生したがんは、門脈を通らずに、直接心臓に戻り、次に送り出される「肺」に行くことになります。血行性転移で肝臓や肺に転移していても、それが、大腸がんの転移で、数が限られたものであれば、手術で切除することが可能な場合もあります。しかし、あまりに沢山の部位に転移してしまうと、切除(手術)の適応にはなりません。これ以上の話は専門的になりすぎるので、このくらいにしておきます。

 もう一つの流れは「リンパ液」です。リンパ液とは少々分かりにくいかもしれませんが、動脈周囲に動脈の流れる方向とは逆方向に、細いリンパ管があり、リンパ液が流れています。所々に「リンパ節」という節々を形成しており、最終的には、大動脈の周囲を上行して、体の中枢に流れていきます。
 がんを手術で切除する場合、その部位だけを切除するのではなく、リンパ節を含めた動静脈も同時に切除するのは、リンパ節を摘出、「郭清」のためなのです。しかし、これにも限界があり、大動脈周囲のリンパ節に転移してしまうと、手術により全てのがん細胞を切除することは不可能です。しかし幸いにも、大腸がんの場合、ある程度大きくなっても、他の胃がんや十二指腸がんなどに比べて、転移の頻度は少なめと言われています。

戻る「進行したがん」って「進行がん」のこと?「早期がん」との違いは?
次へ「転移があったら手術できないの?」