NEW!!★大腸の病気を治療する際の、「楽な治療」と「苦労した治療」の境界はどこでしょうか? 「楽な治療とは」


「便潜血検査の罠(わな)

「毎年この検査をしておけば安心!」
と思っていませんか?

 →実は
「No!!」です。 その理由を解説いたします。

 ここで、大腸がん検診として、現在日本で広く行われている「便潜血検査」について解説をします。

 40歳を越えると、受けることを催促される通知が来たり、仕事場などの検診の一部に導入されます。

 この検査は、便の表面を擦って、検体を提出し、血液が付着しているかどうかをみている「だけ」の検査です。多くは二日法で行われます。体に何を挿入する訳でもなく、負担も少なく、簡単で苦しくなく、非常に楽な検査です。そして、血液成分が検出されれば、さらなる大腸の精密検査を催促される、というものです。

 この検査で陽性になる率は約6〜7%と言われています、では、陽性になる病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

 大腸がん(結腸がん、直腸がん)、ポリープ、大腸炎症性疾患(憩室炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、感染症による大腸炎など)、内痔核・外痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻、脱肛、などの肛門疾患、そして小腸よりも上(口側)の出血する病気(食道がん、食道潰瘍、食道静脈瘤破裂、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、十二指腸がん)などでも可能性があり、その種類は非常に沢山あります。

 つまり、口から肛門までの長い消化管のどこかで出血する病気、全てにおいて可能性があるということです。

 しかし、「可能性」だけの話をすると、陽性の原因のほとんどは、肛門周囲の病気(イボ痔や、切れ痔)などです。

 陽性の判定後、内視鏡検査をしても、大腸に病気が発見されなければ、陽性の原因は「イボ痔」「切れ痔」などで、「たまたま頑張って便を出した時に肛門の一部がピピッと切れて血がついてしまったのではないか?」という事になります。結局、便潜血検査で陽性で、内視鏡をしても、何も大腸に病気が発見されない事が殆どなのです。

 つまり、便の一部の表面に血液が付着していた、「大腸の病気がある可能性が少し高い集団」と、「血液が付着していなかった病気の可能背の低い集団」におおざっぱに二分している検査なのです。大腸の病気が「ある」「無い」という郡に分けている訳ではないのです。

 「陽性」であっても、十中八九は病気が無い、つまり「空振りだらけ」の検査なのです。大腸がんの発見を目的とした便潜血検査が陽性になって、内視鏡検査を受けても、陽性者の中から目的とした大腸がんが発見される率は、3〜4%なのです。

 当院で内視鏡を受ける患者様の全てが、便潜血検査で陽性なった訳ではありませんが、動機は何であれ当院の集計では、内視鏡検査を受けた人の約10%は、内視鏡的で治療が可能なポリープ(腺腫という良性腫瘍)や、稀に早期のがんなどが発見され、さらに稀に手術による治療が必要な病気が発見されるので、「陽性」になったのなら、当然内視鏡検査が必要になるのです。

 この文章を今読んでいる方の中には、恐らく「陽性」の通知が届いて、不安で読んでいる方もいると思います。でも、残念なのは、もし「陰性」だったら、ネットで検索することもなく、きっと、この文章まで辿り着いていないかったかもしれない、という事です。




 ◎便潜血検査「陰性」ならば、大腸の精密検査は必要ないのか?

 普通に考えればそうなります。原因は便潜血検査のキットに添付されている説明書が「説明不足」だからです。普通に考えると、以下のようになります。

 「陽性なら、精密検査(大腸内視鏡検査)を受けて下さい」という事は、「陰性ならば、精密検査は必要ない」と思うのはごく自然な考え方なのですが、この誤解が、一部の国民に大きな誤解、後悔の原因となっているのです。

 「陰性」なら精密検査は必要ないと普通に理解し、大腸内視鏡検査を受けません。しかし、便潜血検査の説明書には、陰性であった場合に、「今年、あなたの体に大腸がんや、ポリープなど、治療が必要な病変が存在する可能性はありませんので、大腸内視鏡検査を受ける必要はありません。」とは、どこを見ても書いてはありません。

 ですが、一般の方は、説明不足が原因で、そう解釈してしまうのです。ちなみに、我々医療人からすれば、見てもない(内視鏡で大腸の表面を直接観察してもない)のに、そんな恐ろしいコメントを患者さまに言える訳がありません。ならば、なぜ便の表面に血液が付着していなくても、病気の存在が疑われるのでしょうか?

 がんやポリープが毎日出血している訳ではありません。便と擦れるような物理的な刺激が無ければ出血しないのです。がんの表面は、正常な粘膜よりももろく、便との摩擦で出血しますが、激しく擦れるような事が無ければ出血しません。

 転んで膝を擦りむいて、出血をしたという経験は、ほぼ全ての人が経験あると思いますが、時間が経てば止まります。それは、血中にある「血小板」というものが存在し、その作用によって、血管の損傷部位が修復され、数分後には血は止まるようにできているからです。

 つまり、出血していない日に検査をすれば、当然「陰性」となります。また、内視鏡で容易に切除できるような小さな病変は、出血する量も少なく、せっかく病変部から出血していても、便の表面に均等に血液が付着する訳ではないので、たまたま血液が付いていない部位を擦って提出してしまえば「陰性」という結果になります。

 つまり便潜血検査は、「がんがあっても陰性になってしまう」こともあり、「がんがなくても、痔があれば、陽性になる」ということなのです。これを要約すれば、「便潜血検査は、イイカゲンな検査」と言っても過言ではありません。

 そんな「いい加減な検査」をなぜ、職場や、市町村は毎年受けろと勧めているのでしょうか? それは、「大腸内視鏡を受ける勇気を与えるから」です。

 検診の結果、陽性ならば、さらなる検査を催促する通知が届き、内視鏡検査を受ければよいのです。我々医療サイドの立場からすれば、そういった患者様に頻繁に遭遇する訳です。ですから、「イイカゲンな検査」といいながらも、「陽性」と出た場合に限っては、内視鏡検査を受ける人が増えるので、そういう意味では効果のある検査なのです。

 しかし、実際問題、「陽性」と判定されても、内視鏡検査を受ける人は60%程度だという全国の統計結果も出ています。残りの40%の人は、検診で陽性と出ても、陰性と出ても、結局内視鏡検査を受けないのですから、便潜血検査そのものを受けている意味がないという事になります。

 便潜血検査「陰性」のメッセージとは、「今年、あなたの体に治療が必要なポリープやがんはありません。精密検査は不要です。」ではありません。しかし、大半の方がそう解釈し、今年も内視鏡検査受けずに済んだ!と、検査から遠ざかってしまうのです。

 正しい便潜血陰性の意味とは、「あなたが今回提出した検体に血液成分は含まれていませんでした。」というだけです。内視鏡検査は不要です、という事は言っていません。

●病気があっても「陰性」になることがある。つまり、「陰性」は病気がない事を意味しているものではない
●「陰性」は、内視鏡検査が不要という意味ではない
●「陽性」と判定されても、手術が必要な大腸がんは数%にすぎない。95%以上は手術の必要はない。
●「陽性」は、大腸にがんがある、という意味ではない
●「陽性」と判断されても、十中八九は、良性の病気だが、大腸内視鏡検査を受けないとその判定は得られない。

 つまり、便潜血検査は、内視鏡検査が必要、不必要かを判断できるレベルの検査ではありません。便潜血検査の結果は、陽性でも陰性でも、内視鏡検査は受けておかないといけない検査なのです。便潜血検査の結果で、その後の行動に差が生じる事はないということです。




 ◎ならば、便潜血検査は不要なのではないか? → やっと気付いてくれましたか?

 大腸のポリープやがんは、一般的に、急に成長するものではありません。ですから、内視鏡検査は毎年受ける必要は原則ありません。多くても2年に一度くらいで受けておけば十分と言われています。
 これくらいの頻度で受けておけば、将来がんに成長するポリープも、内視鏡で楽に治療ができるサイズで発見できる可能性が高いのです。
 ここであえて「可能性が高い」と表現した理由は、「100%ではない」という事を意味しています。定期的に検査を受けておけば、絶対に、100%見つかるよ!とは言えません。中には、定期的にしていたにもかかわらず、大腸がんの手術を回避できなかったケースも、ごくわずかはいるのです。

 便潜血検査の最大の目的は、内視鏡検査を受ける勇気を与える事です。しかし、既に「任意」で定期的に内視鏡検査を受けている人は、その「勇気」を持っていますので、今後、二度と便潜血検査を受ける必要はありません。
 職場などで、任意ではなく、「強制的」に受けなければならないという状況なのであれば、当然受けて下さい。

 早期発見に有用と思われている便潜血検査が、上に述べた理由で陽性になってくれず、今、内視鏡検査を受ければ、手術を回避できる病気が発見できるのに、検査のチャンスを失ってしまっている人もいるのです。つまり早期発見のための検査が、逆に早期発見の妨げとなっているのも現状です。便の検査の判定で、その後の行動を左右されている場合ではありません。

 「あ〜、よかった。便潜血陰性だった!」と喜んでいる人の中に、実はがんがあっても、喜ばせられている人がいるのです。

その人はどうなってしまうのでしょうか?

 「そのがんを、もう一年大きくして、来年、いい加減な便潜血検査をもう一度受けましょう」という事になります。そしてまた来年「陰性」でした。「更にもう一年大きくしましょう」。そしてまた次の年も「陰性」・・・。そんなことを繰り返している間にがんは成長し、出血する日が次第に増えてきます。

 となると、指示通り、便潜血検査を毎年していれば、にいずれ「陽性」となる日が訪れるのです。「仕方ないな、内視鏡検査してみるか」と思い、初めて受けてみたら、「時すでに遅し」で、手術が必要な段階になってようやく発見される方も、実は全く珍しくありません。

 「この病変は、手術が必要です!」と言われたら、患者様本人はまずどんな感情を抱くのでしょうか?それは、「え!?どうして??私は毎年検診(便潜血検査)を受けてきたのに・・・。アレを毎年受けていれば、大腸がんは大丈夫、という意味では無かったの??」と、後悔するのです。

 実は、そういう患者様を我々は沢山見ています。つまり、毎年便潜血検査して、陽性になった時にだけ内視鏡検査をしていては、大腸がんの手術を回避できないという事なのです。

 「私は便潜血検査で陽性になった年しか、大腸内視鏡検査を受けない!」と言っている人の中には、「将来大腸がんの手術を受ける運命になっている」という人がいるのです。その「運命」を回避するには何が必要でしょうか?

 それは、内視鏡検査を受ける事です。もし、40歳以上で、内視鏡を受けていのなら、いつ受けるのか?→「今でしょ」という事です。



 ◎結局は便潜血検査は「見逃される」という事です。 どれくらい見逃されるかご存知ですか?

 とある統計によると、「治療には、内視鏡切除ではなく、外科的な手術が必要です」というがんがある人の10人が便潜血検査をすると、1人、時には2人が「陰性」と判断されてしまうようです。さらに驚くことに、「手術は不要で、内視鏡で切除が可能ながん」がある人の陽性率は半分だそうです。

 しかし、「陽性」と判断されても、病気のない空振りだらけというのも話しました。これくらい「イイカゲン」な検査なのです。

 ◎皆さんは、大腸がん検診(便潜血検査)に、何を期待しますか?

 「大腸がんで死なない事」 → もちろんそうでしょう。ならば、手術をするかもしれないけど、死ななければいいですか?
 「それはちょっと…。手術はしたくない。」 → 誰もがそう思うはずです。
 「毎年、便潜血検査をしていれば、手術を回避できるのでは?」 → それは「No」だという事を説明してきました。

 大腸に病気が発見された時、人はどこで後悔するのでしょうか?

 それは、その病気の治療法に「手術」が選択された時です。ここで言う手術とは、外科医による開腹手術や、腹腔鏡手術を意味します。もっと早い時期に検査をしてポリープを発見しておけば、「手術」なんてことにならなくて済んだのに・・・と後悔するのです。

 「この病気の治療には、内視鏡で切除しなければなりません」と言われた時、「もっと早くやっておけば、内視鏡で切除する必要にならなかったのに・・」という事にはなりません。できるものはできるのですから。

 内視鏡で切除できるような病変が発見されても、皮膚にメスを加える事なく切除できる訳ですから、少しも後悔する必要はありません。あえて負担と言えば、「また下剤を飲まないといけないし、短期間の入院を要する事もある」くらいでしょうか。

 手術を受けるのと比べれば、はるかに少ない負担で治療ができるのです。

 ですから、定期的に大腸内視鏡検査を受けるということは、高率に大腸の手術を回避することに直結するのです!

 全ての国民が望むものは、「手術を回避する事」です。その率を高くするには「毎年の便潜血検査」ではなく、「2年に一度の内視鏡検査」です。



 知人が、毎年便の検査をしていて、今年初めて2回のうち、1回が「陽性」となって、近くの医院で内視鏡検査したら「がん」が見つかって、〇〇病院で手術して、今は元気にしてる。

 一見、どこにでもあるような話ですが、毎年便潜血検査をしていたにも関わらず、手術が回避できなかった、という事と、手術が必要ながんがあったにもかかわらず、1回が「陰性」と判定されている事に注目しなければなりません。

 もし、検査の二日間が一日ずれて、両方とも陰性と判定されれば、きっと、内視鏡検査を受ける事はなかったでしょう。そう判定されれば、そのがんは、もう一年成長の時間を与えられ、さらに成長して、転移などを来してからようやく発見される、という事になっていたかもしれません。

 大腸がんの場合、検診で発見されたがんと、症状が出てから発見されたがんの治療後の生存率が、前者では9割、後者では6割という結果でした。この結果から、「検診は非常に大切です、みなさんも是非受けましょう」という趣旨の記事が2014年7月の埼玉新聞の一面に掲載されました。

 ここで疑問に考えないといけないのは、検診で見つかったにもかかわらず、1割の方がお亡くなりになっている、という点です。死亡するということは、肝臓や肺への「遠隔転移」が既にあったという事で、手術が回避できるというレベルのお話ではない、という事です。

 なぜ、いい加減な検査である便潜血検査を国(職場、市区町村、自治体)は勧めているのか?

 それは、「国民(という大きな母集団)の大腸がんによる死亡数を減らす」事が目標だからです。確かに、便潜血検査は一部の人に内視鏡検査を受ける勇気を与え、結果的に死亡数の低下に貢献しています。

 しかし、これはあくまでも「国家的意義」であって、「母集団で減っている」だけの話です。

 上の記事は、便潜血検査というのは、100人の大腸がん手術後の5年後の生存数を90人程度に増やす力しかないという事を言っているのです。10人が救えていないのです。でも、国の方針としては生存数を増やすのが目的なので、「とりあえず目標は達成している」という事になります。

 そうじゃないですよね!?個人の問題なんです。1人という人間が大腸がんで死亡する数を0にしないといけないのです。個人の希望は、「大腸がんで死なないで済む」とか、「大腸がんの手術5年後に生きている」という事ではありません!!

 最大の目標は、「手術を回避すること」
です。それを現実のものにするには、便潜血検査では到底力不足なのです。

 そもそも、なぜ便潜血検査は2回、採取するのでしょうか?

 答えは簡単です。「イイカゲンな検査だから」です。がんがあるのかないのか、正確に判断できるのなら、一回(一日)でいいと思いませんか?

 結局二日で調べるということは、「がんがあっても、うまく血液が採取できない可能性があるから、二回取りましょう」という事で二日法なのです。2回繰り返す時点で、「可能性を上げているだけ」、「そもそも不完全な検査」という事を暴露しているようなものです。「下手な鉄砲も、数打てば当たる」という事です。

 そんな力不足の検査の結果が「一日目が陽性(陰性)で、二日目が陰性(陽性)だった」とか、あるいは「(+)、(++)だった、数値がいくつだった」、とか、去年が陰性(あるいは陽性)で、今年は陽性(あるいは陰性)だったとか、病気の可能性がどうだとか…。

 そんな議論をしているサイトも見かけますが、そんな話をしている暇があるのなら、信頼できる楽な大腸内視鏡検査を提供している医療機関を見つけて、内視鏡検査を受け、今現在自分の体に治療すべき大腸の病気があるのか無いのか、さっさと白黒ハッキリさせてしまえばいいだけの話です。

 大腸内視鏡検査をせずに、アレコレ調べていても正直時間の無駄以外の何物でもありません。

 ここまで読んで頂けた方は、「便潜血検査は不確実な検査」なんだ、と理解していただけたと思います。

 日本人女性のがんの死因トップ、日本人として、かかるがんとして1位の大腸がん(2014年の国立がん研究センターの統計結果)なのですから、自覚症状がなくても、40歳を越えたらまず内視鏡検査、その後も定期的(2年に一回程度)に受ける事が、どれだけの価値(手術回避の可能性を高くすることができる価値)があるかを考えて頂ければ幸いです。

 当クリニックで、残念ながら手術が必要な大腸がんが発見されてしまい、近隣のがん専門病院(主に群馬県立がんセンター)に紹介し、私自身はその病院に内視鏡検査をする目的で勤務をしているのですが、そのついでに患者様の術前・術後に「お見舞い」に行くようにしています。

 そうすると、必ず患者様は言います。「見つけてくれてありがとうございました。それと、こんな経験(手術)をするのなら、定期的に検査を受けておけばよかった」と。

 大腸内視鏡検査は大変な検査、という風評がありますが、ネットで賢く探せば、決して思うほど大変な検査ではありません。是非、ちょっと勇気をだして、評判のよい医療機関を探して、是非定期的に内視鏡検査を受けてみてください。

→当院の特徴が満載 大腸内視鏡検査SUPER INDEX 

Sponsored Links

戻る「抗がん剤は魔法の薬ではありません」
目次へ戻る「大腸がんについて」