JR 深谷駅 (高崎線)

  深谷駅は煉瓦調で造られています。煉瓦はここ埼玉県深谷市にとって、切っても切り放せない関係にあります。

 明治の実業家・渋沢栄一は、当時の東京改造計画に使う煉瓦を大量生産するために東洋一かつ日本初機械式煉瓦工場をこの地に設立しました。

 その深谷の工場で製造された煉瓦で、当時の東京駅、帝国ホテル等が造られたのです。そして1996年(平成8年)年8月、2年の歳月を費やして、東京駅に似た深谷駅(ミニ東京駅)が完成しました。

 初めて深谷駅を訪れた方からは、「綺麗でビックリしました」という声をよく耳にします。来院する際に、鉄道機関をご利用される方は、是非よく見て行って下さい。一見の価値ありです!
【東京方面から】

 JR高崎線(上野東京ライン・湘南新宿ライン)※各駅停車の所要時間

  東京から約96分   上野から約88分   大宮から約57分    熊谷から約15分

 上越・北陸新幹線

    (東京→熊谷 約39分    上野→熊谷 約33分    大宮→熊谷 約13分)

      熊谷駅下車 → JR高崎線(下り:高崎・前橋方面)で2駅目

【高崎方面から】

 JR高崎線 高崎→深谷 約30分

深谷駅下車後、タクシーをご利用下さい。約10分で到着します。