大腸内視鏡検査に興味のある内視鏡従事者の方へ
 当院の内視鏡検査に興味のある方は、希望があれば、勉強にいらしてみませんか?

 ただし、患者様には、「今日は□□病院の〇〇先生(看護師さん)が同席します」という事を説明し、患者様の了解が得られれば、検査に参加してもらうようにいたします。

 ホームページを読んで頂ければ大体わかると思いますが、当院の大腸内視鏡検査のスタイルは、

@待たせない
A一人で来て、一人で帰れる
B必要最低限の身体的侵襲
C必要最低限の金銭的負担
D検査中に会話ができ、分かりやすい十分な説明を検査中に行う
E必要最低限の痛み
F定期的に受ける気になる

G家族、友人、知人に勧められる検査を提供する

 以上をモットーに検査をしています。

@待たせない
 生検まではしますが、どうしても時間が必要となるポリペクトミーや、EMR、ESDは行っておりません。
 大病院とは違い、一つのブースしかない内視鏡室で、午前9時から約2時間で5人の検査をします。その後は肛門の手術になるので、時間のかかる処置は、その後の全ての患者様を待たせる事になってしまいますので、内視鏡的な治療は一切せず、必要があれば、周辺の治療可能な信頼できる医療機関に紹介しています。

 また、一般的な病院での大腸内視鏡検査は、午前中に下剤を飲み、午後から検査というスタイルがほとんどです。
 その場合、検査だけで「一日仕事」となってしまいます。当院は、前述しましたが、午前11時頃までに5人の検査を終了するので、昼食から自由に摂取でき、「半日」で検査が終了するという事になります。

A一人で来て、一人で帰れる  B必要最低限の身体的侵襲 C必要最低限の金銭的負担
D検査中に会話ができ、分かりやすい十分な説明を検査中に行う
 つまり、「麻酔はしない」という事です。麻酔をすれば、身体へのリスク、費用、病院の滞在時間、全てが増加する事になります。もちろん、検査中に何も会話ができないので、十分な説明を検査中に済ませてしまう事もできません。

E必要最低限の痛み
 いわゆる「軸保持挿入法」と言われる最も楽と称されている方法ですが、全ての患者様に施す事は不可能です。そして、必ずしも全ての患者様において、この方法がベストというわけではありません。体質は十人十色です。一つの方法が全ての人に順応する事はあり得ませんし、軸保持ではない方法の方が楽に入れられるケースもあります。

 また、人によっては、大腸用では太すぎて腹痛が強く出てしまい、上部用のカメラでないと、楽に挿入できない方もいます。そのような方に対して臨機応変に対応し、高い確率で、いかに楽に盲腸まで到達するかという試みも必要になります。

F定期的(2年に一度程度)に受ける気になる G家族、友人、知人に勧められる検査
 そして結果的に「満足のいく検査を受ける事ができた」、「思っていたいたよりも、ずっと楽だった」「前の病院でやったよりも、楽にできた」という印象を持って頂ければ、また定期的にここで受けよう、という気にもなるでしょうし、周囲の人にも勧めてみよう、と思います。

 このようなスタイルで日々検査を行っております。検査は毎日(月〜土)、午前中に4〜5人検査をしています。

 対象者は大腸内視鏡検査に携わっている消化器内科医、消化器外科医、または、内視鏡室に関わっている看護師に限らせて頂きます。

 経験年数や件数などは一切問いません。内視鏡室は狭いので、同時に何人も入れませんので、一人での参加をお願いしております。

 服装は、白衣や検査着といった、いわゆる「医療従事者」と分かる診療スタイルの服を各自ご用意ください。

 希望の方は以下の内容をメールにコピー&ペーストし、内容を入力して、メールを送信して下さい。

 確認後、こちらから返事をいたします。

深谷肛門科・副院長 

貴院の内視鏡検査の同席を希望します。



氏名 :              (ふりがな)               年齢 :    才 ( 男 ・ 女 )

勤務先 :  医療機関名                病院 ・ 医院 ・ クリニック

役職 : 医師   診療科          科  ・  看護師

連絡可能なメールアドレス : 

【見学希望日】

(ご自由にご記入下さい)

【質問など】



大腸内視鏡検査 INDEXへ