☎ 048-571-8355
FAX 048-571-1606

Fukaya Proctology Department. Specialty Clininc of Anal Surgery and Screening Colonoscopy.

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English

特色・診療内容 よくある質問

外来のご案内 入院のご案内 病診連携

手術実績 内視鏡実績

大腸内視鏡 SUPER INDEX 大腸がん SUPER INDEX


よくある質問


交通に関する質問



深谷駅からの最寄りのバス停は?

深谷市コミュニティバス 「くるリン」

 「北部定期便」の「北5(原郷西部)」から徒歩5分

国際十王バス (路線 : 熊谷駅~新島車庫~籠原駅~深谷駅)  「深商前」より徒歩10分

 時間が合えばいいですが、時間帯によっては1時間に一本、2時間に一本という運行状況なので、高崎線・JR深谷駅からタクシーを利用する事をお勧めします。約10~15分程度で到着します。


受診に関する質問



受診の予約をとりたいのですが。

 → 当院は外来は予約制ではありませんので、診察時間内に受診して下さい。特に、午前中は正午までなので、11時半頃まで、午後は6時までなので、5時半頃までの受診をお勧めしております。


しばらく診察に行っていないのですが、薬(処方箋)だけ貰えますか?

 → 必ずしも、前回受診した状態と同じとは限りませんので、念のため受診することをお勧めします。


日曜日、祝日に診てもらいたいのですが。

 → 可能なら対応したいのですが、当院は24時間、365日、救急対応している医療期間ではありません。そのような場合は、休日に緊急の患者様を診る「当番」となっている医療機関が、各地域で設定されていると思いますので、まずはそのような病院で、外科領域の先生に診てもらって下さい。

 各市町村の役所などが、休日・祝日などに対応している医療機関の情報を提供していますので、そちらを確認して下さい。


何曜日が混んでますか?

 → 休日・連休前後の日は混みます。つまり土曜日(AMのみ)や月曜日、(月曜祝日だった場合の火曜日)は混雑します。午後は、午前と比較すると比較的空いていますので、待ち時間も短くなっております。仕事の合間に時間がとれる方は、午後の受診をお勧めします。



症状に関する質問



数日前から下痢・腹痛があるのですが、受診したほうがいいのか、診てもらえるのでしょうか?

 → 肛門は消化管の出口なので、肛門の病気が原因で下痢になる、という事は稀です。つまり、それ以前(口側)の出来事なので、原則的には消化器内科などの、かかりつけ医の受診をお勧めします。


肛門のそばに、おでき(腫れ物)ができたのですが、診てもらえますか?

 → 診察します。電話口で説明されても、詳細は分かりません。電話に出る者は事務員、または看護師です。とりあえず診せて頂き、治療の必要性の有無、治療の専門とする診療科が別にあれば、適切に判断し、紹介させて頂きます。


赤ちゃんや、小さい子供でも診てもらえますか?

 → 診察します。乳幼児でも肛門の病気は存在します。すぐに処置を必要とするものがあるのか、ないのか、様子をみてよいものなのか判断させて頂きます。「小児科」はありますが、「小児肛門科」はありません。小児科の先生は、基本的に外科系の医師ではありませんので、詳細までは分からない場合もあります。

 もし「肛門科」という診療科に対して「ハードルが高い」と感じた方は、まず小児科にかかって、その先生の判断で当院に紹介して頂きても構いません。何歳の子供でも診察します。


「痔ではないのですが・・・肛門の周りが痛い、赤くなっているのですが診てもらえますか?」

 → 「痔ではない」という定義がわかりませが、そもそも、「痔」という言葉は「素人の言う肛門周囲の困ったデキモノ」です。赤いもの、青いもの、膨らみ、へっこみ、色々な物ができます。肛門周囲で困った事があれば、「痔」という認識は別として、とりあえず診察させて下さい。


「こんな症状があって・・・」と説明されて、「いったい何なんでしょうか?」

 → 電話に出るのは、前にも述べましたが看護師か事務員です。診察しないと、判断できませんので、その点に関しては冷静に考えて頂き、診察を受けて下さい。


痛みがひどく、診察した日に手術できますか?

 → 痛みの原因によります。その場で手術を施せば改善できる病気なのかわかりません。単純に痛いものをその場で改善して欲しい気持ちもわかりますが、診察しないと、何も始まりません。

遠くから行くので初診の日に手術をしてもらいたのですが?

 → 遠いと言われても、近隣から来た患者様と治療法が異なる事は普通ありません。北海道、九州から来て頂いても、治療可能な範囲を超えていましたら、当院では治療できません。適切な医療機関を可能な限り探して紹介させて頂きます。


痒(かゆ)いのですが、診てもらえますか?

 → 診察させて頂きます。「痔」というのは、出っ張りや、出血だけではありません。時に、肛門の皮膚の病気という事になれば、「皮膚科」の領域になるのかもしれませんが、まずは、診てみないとわかりませんので、気になるようであれば、受診して下さい。


生理中に大腸内視鏡検査や手術はできますか?

 → 生理中だからできない、という事はありません。特に、腹痛や頭痛など、生理に伴う随伴症状があり、体調があまり良くないのであれば、日程をずらした方がよいと思います。



セカンドオピニオンに関する質問



他の医院で「手術を勧められた」、セカンドオピニオンで受診できますか?

 → できます。複数の医師に診てもらう事は大切な事です。自分が納得して、納得した治療を受ける権利があります。

 他の肛門科で勧められた治療法に疑問を持った場合には、遠慮なく当院に受診して頂いて、我々の判断を仰いで下さい。もちろん、逆に、当院で判断した治療法に疑問を持たれた場合には、他の肛門科にセカンドオピニオンを求めて受診して下さい。本人が納得する治療を受ける事が最善の策と思っております。


お支払い・会計に関する質問



手術に際して、保険(国民健康保険)が使えますか?

 → 使えます。


民間加入している保険の「手術給付金など」は利用できますか? 給付を受ける時の手術名を教えて下さい。

 → 多くの場合は利用できます。手術名は、手術の手術の種類によって異なりますが、「痔核根治術」・「痔瘻根治術」などが多い手術名となっております。詳細につきましては、事務にお尋ね下さい。


カードの支払いできますか

 → できません。現金でのお支払いをお願いしております。

Sponsored Links

 大腸がん SUPER INDEX

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English




Copyright Ⓒ Fukaya Proctology Department. All right reserved.
Since 1997.8

〒 366-0035 埼玉県深谷市原郷 449-2
449-2 Harago Fukaya City, Saitama pref. 366-0035 Japan

TEL 048-571-8355
FAX 048-571-1606